あなたにピッタリな育毛剤が必ず見つかる!

運動や睡眠、ストレスなど生活習慣と薄毛の関係とは

有酸素運動が体に良い

近年では、健康のためにウォーキングを行っている人が増えてきました。

このような生活習慣のおかげで、血流が改善するだけでなく、脱毛症、薄毛などを改善できたという人もいるのです。なぜ、ウォーキングという誰にでもできるような運動で、生活習慣の改善が見込まれるのかというと、それは中性脂肪を減らしてくれる運動だからです。

ウォーキングを続けていると動脈硬化のリスクが減ります。すると、血管が若返りやすくなるため、栄養の消化、吸収が穏やかになるのです。

これが頭皮に良い影響を与えるようになり、今まで上手く汗をかけなかった頭皮が元の状態に戻ったり、栄養が髪の毛のすみずみに行き渡るようになるのです。また、運動は辛いと感じるものより、少し汗をかく程度のウォーキングが良いとされています。

過度な無酸素運動は薄毛、脱毛の原因とされている

運動は体に良いとされていますが、運動に慣れていない人、病気にかかりやすい人は、無酸素運動といった辛い運動を避けたほうが賢明です。

というのも、体を丈夫にしてくれる無酸素運動は、血流促進、基礎代謝の向上というメリットが存在するだけでなく、活性酸素の発生というデメリットも含んでいるからです。ちなみに、あまり辛いと感じない程度の運動量であれば、無酸素運動であっても薄毛に悪影響を与えません。

なので、真面目に育毛を考えている時は、有酸素運動により基礎体力づくりを行い、慣れてきてから無酸素運動に移行すると丁度良いです。

上手く息抜きしてリフレッシュしたほうが髪の毛に良い

薄毛は、ストレスが溜まっていると感じている人ほど、薄毛が目立つようになりやすいとされています。

ストレスとは、主に交感神経優位に悩まされやすい人のことです。交感神経優位とは、興奮しやすい状態、もしくは緊張しているが緊張が解けない状態の神経です。

生活習慣の乱れにより交感神経が活発になると、熟睡することができなくなったり、興奮しやすいために攻撃的な性格になってしまう人もいます。ですが、このような生活を続けている人ほど、いつまでもストレスが溜まったままとなるため、頭皮が荒れやすくなり、さらに薄毛、脱毛などが目立つようになるのです。

睡眠不足は育毛に悪影響を及ぼす

女性の薄毛で有名になりましたが、睡眠と薄毛は密接な関係にあります。

というのも、薄毛を食い止めるためには熟睡を経験している必要があるからです。熟睡することにより、成長ホルモンの分泌が活発になるのですが、活発になることにより、毛母細胞が髪の毛を生産するようになります。

また、このような働きが熟睡でありホルモン分泌に存在するのですが、細胞の修復も眠っている間に行われるので、このことも理解して良く眠る生活習慣を手に入れましょう。補足となりますが、熟睡は6時間以上の睡眠に対して用いられます。

なので、毎日6時間も眠っていないのに熟睡を感じている場合、生活習慣の悪化とともに、寝不足、もしくは睡眠障害にかかってしまう恐れがあります。このような状況に陥っている人も、薄毛を解消する狙いで、睡眠時間を意識した熟睡を取り入れてみると良いでしょう。

本読むだけで生える?!育毛剤コラム

サーチあなたにピッタリの育毛剤を探す

カテゴリー 性別
容量 価格
特徴
お得・サービス
悩みタイプ
こだわり条件
検索結果:00
pagetop