育毛剤ランキン2018年版 育毛剤口コミ比較サイト

自分で出来る!シャンプーや頭皮マッサージを教えます

過度なシャンプーは逆効果

シャンプーの使用についてですが、育毛を考えているのであれば、ブラッシングに注意して髪をとかすようにしてください。

髪をとかすという行為は、これから髪をセットする際に行うものと思っている人が多くいます。ですが、シャンプー前にブラッシングを行っていると、髪のキシキシした感じが弱まるので、今では頭髪をまっすぐキレイにする際に、欠かせない行為と言われるようになりました。

髪の絡まっている部分は、指で押そうとすると抵抗感が出てきます。これがキシキシした髪なのですが、これではシャンプーなどが浸透しづらくなるので注意してください。

このような問題を放置されていると、シャンプーの量が多くなるだけでなく、頭髪のキューティクルが台無しになってしまうこともあります。

上手に洗うことの基本は予洗いをすること

洗髪の基本となりますが、洗髪は髪をキレイにした状態からシャンプーを用いることが重要です。

そのため、予洗いを欠かさないようにして髪の清潔を整えるようにしましょう。予洗いとは、髪の毛にシャンプーを付ける前に、あらかじめ髪の毛を水だけで洗っておくことです。

ここで重要となることは、髪の毛をキレイにするために、髪の毛をしっかりと濡らすことにあります。これだけで、髪に付着している汚れの大半が水に付着し、髪の清潔を保ちやすい状況を作り出せるのです。

髪の毛がしっかりと濡れていると、シャンプーの量が少なくても泡立ちが良くなりますし、泡が髪と髪のすき間に入りますので、見えない汚れなども落ちやすくなるのです。

頭部のしこりをほぐしてリフレッシュ

シャンプーを使用しながら、頭髪、頭皮のマッサージをする方法を案内しましたが、頭皮そのもののマッサージを重点的に行いたい場合は、次のようなテクニックも身につけておいたほうが良いです。

まず、頭皮をマッサージする際は、前髪の生え際に指の腹をあてるようにして、続いて地肌を頭部の中央に寄せるような感じでマッサージします。最初はあまり気持ち良さを感じませんが、慣れてくると血流が良くなったような感じになり、頭皮全体がポカポカしているような感覚を味わえます。

頭皮マッサージの基本は血流を良くすることで、しっかりと力を入れて押すようにしたほうが、頭皮マッサージの効果が上がりやすいとされています。

目の周りもマッサージしたほうが良い

頭皮マッサージを終えた後ですが、必ず目、こめかみの疲れもリフレッシュしたほうが良いです。

方法は頭皮マッサージと同じで、目の周りに指をあてて押すようにして揉むだけで良いです。目の中央に向かって力を入れていき、そして、目の周りに対しても、同じようなマッサージを行います。

こめかみに対しても同じような対応を取り、こめかみの場合は、生え際を意識して力を入れるようにします。目、こめかみのマッサージは頭全体の血流改善のために行っています。

このようなマッサージにより、頭部の血流量が改善されるようになると、それにより頭髪に栄養が良く行き渡るようになり、脱毛、薄毛などの心配が少ない頭皮となるのです。

本読むだけで生える?!育毛剤コラム

サーチあなたにピッタリの育毛剤を探す

カテゴリー 性別
容量 価格
特徴
お得・サービス
悩みタイプ
こだわり条件
検索結果:00
pagetop