育毛剤ランキン2018年版 育毛剤口コミ比較サイト

育毛と食事、栄養の関係を徹底分析

髪の毛に欠かせないたんぱく質

丈夫な髪の毛を手に入れたいという場合、最も欠かせない栄養はたんぱく質となります。

たんぱく質というと、しっかりと摂取していると思われている人が多いだけで、脱毛症にかかっている人、薄毛に悩まされている人などは、たんぱく質の摂取量が少ない状況となっています。また、どうしてたんぱく質が必要なのかというと、それは、髪の毛そのものがたんぱく質によって構成されているからです。

髪の毛は、18種類ものアミノ酸が結合してケラチンとなり、このケラチンというたんぱく質によって髪の毛の育毛が進む仕組みになっているからです。つまり、アミノ酸の結合が上手くいかない状況では、髪の毛の育毛を進めることができなくなってしまいます。

アミノ酸の合成を意識してビタミンも摂取する

近年では、育毛を効率良く進めるために、あえてビタミンを多く摂取されている人が増えてきました。

先ほどアミノ酸の案内をしましたが、アミノ酸の結合に不可欠な存在として、ビタミンが注目されるようになったからです。ビタミンは魚、野菜に多く含まれていますので、このような食材を食べるだけでも、育毛が上手に進むようになるのです。

補足となりますが、ビタミンのパワーは育毛のみで確認できるわけではありません。他にも、血流を改善してくれる力がありますので、肌荒れなどを抑えてくれるという働きもありますので、キレイで且つ丈夫な髪の毛を手に入れたい人も、ビタミンと相性が良い人なのです。

皮膚、髪の毛の健康を保つビタミンA

最近では、飲むビタミンAのような商品が増えてきました。昔であれば、サプリメントからビタミンAを摂取する人がいたのですが、今ではドリンクの中にビタミンAが配合されている、そんな商品をドラッグストアなどで購入できるようになってきたのです。

ビタミンAと育毛の関係は、皮膚、髪の毛の健康を保つ際に必要なため、多くの人はビタミンAを摂取しています。髪のキューティクルに作用しますので、薄毛に悩まされている人とも相性が良い栄養です。

ビタミンAは、緑黄色野菜に多く含まれていますので、にんじん、ほうれん草、ブロッコリー、かぼちゃを食べるようにしていると、髪の美しさ、健康を保てるようになります。

ビタミンB6は代謝、血液を作る際に不可欠

最近になって注目されるようになった栄養に、ビタミンB6があります。

代謝能力を上げてくれる栄養として注目されているのですが、ビタミンB6を摂取していると、育毛が安定した状態で進むようになります。というのも、血流の改善で大きな効果を期待できるからです。

近年では、ビタミンB6だけでなく、同じような抗酸化作用を秘めているとされる、DHA、EPAなども注目されるようになってきました。抗酸化作用を正しく得ている体は疲れにくく、ストレスが溜まりにくくなるとされています。

そのため、ストレスなどで肌、髪の毛がボロボロになってしまったと感じている人ほど、ビタミンB6などを上手に摂取しているのです。ビタミンB6は、青魚(アジ、サバ、マグロなど)に多く含まれていますが、刺し身の状態で食べると多く栄養を吸収できるので、栄養を吸収しやすいという面でも評価されている栄養です。

本読むだけで生える?!育毛剤コラム

サーチあなたにピッタリの育毛剤を探す

カテゴリー 性別
容量 価格
特徴
お得・サービス
悩みタイプ
こだわり条件
検索結果:00
pagetop