育毛剤ランキン2018年版 育毛剤口コミ比較サイト

なぜハゲるのか?薄毛や抜け毛の原因を優しく解説

栄養の失調により薄毛、脱毛になりやすくなる

髪というのは、たんぱく質によって構成されているので、たんぱく質の摂取量が少ない人物では、将来的に薄毛、脱毛に悩まされるリスクが上がってしまいます。

例えば、毎日レトルト食品ばかり食べていると、塩分、炭水化物ばかりを摂取しているのと変わりません。塩分は血流を悪化させてしまい、頭髪に栄養を上手く送れなくなってしまいます。

さらに、炭水化物ばかりを摂取していると、上手にエネルギーとして使用されなかった炭水化物が糖質に置き換わり、続いて内臓脂肪に変換されるというリスクが発生します。このような問題を放置されていると、最終的に血液がドロドロになってしまい、内臓のリスクまで上がってしまうのです。

内臓のリスクが上がってしまうと、吐き気、気持ち悪さを感じることが多くなり、ストレスに悩まされやすい体になってしまいますので、栄養の失調を避けるようにして、薄毛、脱毛の対策を進めるようにしましょう。

ストレスにより薄毛、脱毛が進行することもある

あまり運動しない人、もしくは発声などを行ってストレス発散を行っていない人は、ストレスが溜まりやすいとされています。

このような問題も薄毛、脱毛の原因となってしまいます。ストレスが溜まっていると、過食症に陥ってしまう危険性もありますし、精神的な疲れから頭髪などのケアをサボってしまうことも多くなるのです。

なので、ストレスが溜まっている時は、なるべく運動(散歩程度の運動)をするようにしましょう。汗をかくことで血流が改善するようになりますし、適度な疲れは正常な眠気を生み出しますので、精神の不安定を回避する際にも効果的です。

過度なシャンプー、ドライヤーも髪に良くない

現代では、20代、30代の男女でさえも薄毛、脱毛症にかかっている人が増加傾向にあります。

その原因は、過度なシャンプー、ドライヤーの危険性を理解していない人が増えてきたからです。シャンプーを多く使用すると、シャンプーの残りかすが頭皮に溜まってしまい、これにより炎症を起こす危険性があるので注意してください。

炎症が目立つようになると、髪が先細りやすくなるため薄毛になり、薄毛を放置していると栄養が上手く回らなくなるため脱毛が目立つようになります。ドライヤーに関しても、頭髪に近づけて使用しないようにしましょう。

頭髪だけでなく、頭皮にも熱の刺激が発生してしまいますので、これにより、脱毛などが目立つこともあります。また、過度なドライヤーの使用は頭皮に発疹を生み出しますので、美容上でも好ましくない結果を生むことがあります。

遺伝により髪が弱まるケースは少ない

髪の毛が弱まってしまう、若ハゲに悩まされやすい、もしくは薄毛、脱毛症のリスクが高い人は、遺伝により、回避できない問題を負っていると思っている人がいます。

しかし、実際は人口全体の1割前後しか、遺伝による頭髪の問題を負っていないことが明らかになりました。というのも、簡易的な治療、もしくは生活習慣の見直しにより、頭髪のリスクが改善されたという人が多くいるからです。

頭髪のリスクのほとんどは、頭髪の清潔、もしくは食生活、睡眠に関する対応を曖昧にしていたため、段々と悪化してしまい、病院などで治療を受けている人が多いだけです。そのため、早い段階で治療を受けている人の多くは、1年間、もしくは2年間以内に治療を終えているケースが多く存在します。

本読むだけで生える?!育毛剤コラム

サーチあなたにピッタリの育毛剤を探す

カテゴリー 性別
容量 価格
特徴
お得・サービス
悩みタイプ
こだわり条件
検索結果:00
pagetop